HOME > 業務案内

業務案内

業務内容INDEX

貯水槽工事

貯水槽工事の概要

貯水槽は建物で一番過酷な環境に設置されていることが多く、耐用年数は15年~20年とされています。
紫外線や風雨によって水槽表面が劣化し水槽本体の強度低下により耐震性が保てなくなったり、漏水を起こす原因にもなります。
水槽本体が破壊された場合、給水が不可能(断水)となることから、事前に更新する必要があります。

詳しくはこちらから

増圧直結給水

増圧直結給水の概要

受水槽を使用した水槽方式で水道水を供給しているビルやマンションの給水を、直結給水方式に切り替える事により、水道(配水)管を流れる安全で良質な水道水を蛇口まで直接供給することができるようになり、また直結給水であれば水槽が不要となる事から、管理責任が緩和され、維持管理に掛かる費用も低減し、水槽を撤去してできたその空いたマンションスペースを有効活用することが可能となります。

詳しくはこちらから

ポンプ更新・修理

ポンプ更新・修理の概要

私たちの周りにはポンプが多数あります。飲料水を送る給水ポンプ、排水を汲み出す排水ポンプ、もちろん消防に用いる消火ポンプを扱っています。ポンプの寿命は運時間や設置場所によって異なりますが、定期的な部品交換や整備が必要となります。
当社は各種ポンプの分解整備から省エネポンプの更新、提案を行っております。

詳しくはこちらから

給水管更新

給水管更新の概要

給水管対策については様々な工法が存在しそれぞれの特徴があります。
給水管延命の工事は「問題の先送り」と考えています。
費用対効果など比較する必要がありますが、延命工法は本当に信用出来るものなのでしょうか?
私たちカンパネ(株)はお年寄りから子供達まで安心して飲める水を供給する大切な仕事に従事しています。
そのためには、給水管更新が最も信頼性のある工法と考えています。安心と信頼を最重要視した結果、「給水管 更新」以外にお勧めできるものはありません。

詳しくはこちらから

排水管更新

排水管更新の概要

雑排水管の劣化症状は・臭いがでる・詰まる・漏水した・勾配が悪い・錆の発生等様々な症状で現れます。改修工事実施にあたっては、実施の前に正確な調査・診断が必要です。
改修工事の必要性を居住者が認知することが絶対に必要なことです。改修方法については『更生』と『更新』がありますが、弊社では延命なのか、生まれ変わる更新なのかで判断しています。更正は問題の先送りとして考え、「更新」を基本方針としています。雑排水管の改修では室内の壁や床の解体・復旧工事が伴います。

詳しくはこちらから

太陽光発電

太陽光発電の概要

給排水設備改修の工事会社でもある当社は太陽光発電も自社施工で行っています。
コストの低減方法や、施工品質についての打ち合わせなども自社で全て行いお客様へ提案しております。

詳しくはこちらから

劣化診断

劣化診断の概要

給水管、排水管は時間経過と共に様々な症状の劣化が進行していきます。
劣化診断は、配管内面、外面の抜管調査、内視調査を行い、耐久性を診断、今後の提案を行います。
また受水槽、高置水槽、各種ポンプなどの劣化診断も行っています。

詳しくはこちらから

オゾン洗浄

オゾン洗浄の概要

オゾン洗浄は給水管・給湯管の汚れを、科学的な分解力と、配管を傷つけない物理的な方法で、確実・安全な形で除去処理します。
給水管は時間経過と共に配管内面にスケール、スライムなど付着していきます。

詳しくはこちらから

LED事業

LED事業の概要

カンパネではマンション共用部において、電気代をどのくらい削減でき、省エネ効果があるのか、マンション共用部の現地調査を踏まえ、そのマンションに最適なLED照明のリニューアルをご提案させて頂きます。

詳しくはこちらから

ご相談・お問い合わせ03-5610-7755(土・日・祝日を除く)インターネットからのお問い合わせ

業務案内

設備保全マニュアル