HOME > 業務案内 > 給水管更新

業務案内

貯水槽工事 増圧直結給水 ポンプ更新・修理 給水管更新 排水管更新 太陽光発電 劣化診断 オゾン洗浄 LED事業
業務案内のトップページ

給水管更新

給水管更新について

給水管更新

給水管対策については様々な工法が存在しそれぞれの特徴があります。
給水管延命の工事は「問題の先送り」と考えています。
費用対効果など比較する必要がありますが、延命工法は本当に信用出来るものなのでしょうか?
私たちカンパネ(株)はお年寄りから子供達まで安心して飲める水を供給する大切な仕事に従事しています。
そのためには、給水管更新が最も信頼性のある工法と考えています。安心と信頼を最重要視した結果、「給水管 更新」以外にお勧めできるものはありません。

施工事例集はこちら

給水管の種類

水道用硬質塩化ビニルライニング鋼管

水道用硬質塩化ビニルライニング鋼管

水道用硬質塩化ビニルライニング鋼管(JWWA K 116)は 配管用炭素鋼管の内面に硬質塩化ビニルをライニングしたもので、外部からの衝撃や内圧に対しては鋼管と同じ強度を示し、耐食性に関しては塩化ビニル管の特性を示します。使用温度は5~60℃の範囲で、静水頭100m(0.98MPa)以下の給水管に用いられます。接合はネジ接合及びフランジ接合があります。

種類 記号 内面 外面 外観
水道用硬質塩化
ビニルライニング鋼管A
SGP-VA 硬質塩化ビニル 一次防錆塗装 水道用硬質塩化 ビニルライニング鋼管A
水道用硬質塩化
ビニルライニング鋼管B
SGP-VB 硬質塩化ビニル 亜鉛めっき 水道用硬質塩化 ビニルライニング鋼管B
水道用硬質塩化
ビニルライニング鋼管D
SGP-VD 硬質塩化ビニル 硬質塩化ビニル 水道用硬質塩化 ビニルライニング鋼管D

ステンレス管

ステンレス管

ステンレス鋼管には一般配管用ステンレス鋼管(JIS G 3448 記号SUS-TPG)と配管用ステンレス鋼管(JIS G 3459 記号SUS-TP)があります。一般配管用ステンレス鋼管において小口径の継手はプレス式管継手、グリップ式管継手、拡管式管継手などがあります。大口径はフランジ接合や溶接がある。溶接にはアルゴンなどの不活性ガスを流しながら溶接するTIG溶接により接続します。このほかに水道用波状ステンレス鋼管(JWWA G 119)があり、口径は13~50Suがある。 耐震性に優れているので、水道引き込み管に用いられます。

水道用硬質塩化ビニル管

水道用硬質塩化ビニル管

略称塩ビ管で給水管に使用される硬質塩化ビニル管には、硬質塩化ビニル管(JIS K 6741 記号VP)と水道用硬質塩化ビニル管(JIS K 6742 記号VW)がある。他に耐衝撃性硬質塩化ビニル管(JWWA K 118 記号HI)があり、耐衝撃荷重が大きく、屋外配管やコンクリート土間配管などに使用されます。継手との接続には継手内にテーパーのあるTS継手をを使用し接着剤にてTS接合します。

ポリブテン管

ポリブテン管には、ポリブテン管(JIS K 6778)と水道用ポリブテン管(JIS K 6792)があります。 ポリブテン管の継手はメカニカル式のM種、電気融着式のE種、熱融着式のH種があります。 継手との接合は、M種はメカニカル継手を使用したメカニカル接合、E種は電気融着機をしようする電気融着接合、H種は熱融着機を使用する熱融着接合があります。

給水管更新TOPページ 施工事例集

ご相談・お問い合わせ03-5610-7755(土・日・祝日を除く)インターネットからのお問い合わせ

業務案内

設備保全マニュアル