HOME > 業務案内 > 排水管更新

業務案内

貯水槽工事 増圧直結給水 ポンプ更新・修理 給水管更新 排水管更新 太陽光発電 劣化診断 オゾン洗浄 LED事業
業務案内のトップページ

排水管更新

排水管更新について

排水管更新

雑排水管の劣化症状は・臭いがでる・詰まる・漏水した・勾配が悪い・錆の発生等様々な症状で現れます。改修工事実施にあたっては、実施の前に正確な調査・診断が必要です。

改修工事の必要性を居住者が認知することが絶対に必要なことです。改修方法については『更生』と『更新』がありますが、弊社では延命なのか、生まれ変わる更新なのかで判断しています。更正は問題の先送りとして考え、「更新」を基本方針としています。雑排水管の改修では室内の壁や床の解体・復旧工事が伴います。

更生工事の場合、配管の勾配不良や塗装した状況を全て確認することはできません。更新工事の計画は、少なく見ても1年はかかります。そこで動機(なぜ更新するのか)が大切になってきます。むしろ配管工事よりも専有部の立ち入り工事や復旧工事、施工計画が重要になる工事となります。専有部の復旧も含めて管理組合負担とするのか、個人負担とするのか計画段階で予め決めて置かなければならないケースもあるでしょう。同時に専有部の給水・給湯も含む計画が必要でしょう。

私たちカンパネ(株)は 、安心と信頼を最重要視した結果、「排水管 更新 」以外にお勧めできるものはありません。

施工事例集はこちら

排水管の種類について

排水用鋳鉄管(JIS G 5525)

メカニカル形1種、2種管と差込み型があります。耐食性は大きいですが、重量が重いです。主に汚水管や厨房排水に用いられます。

配管用炭素鋼鋼管(JIS G 3452)

配管用炭素鋼鋼管

黒管と白管があります。このうち白管の口径30mm以上を使用します。主に雑排水管、通気管に用いられます。継手にはねじ込み式排水管継手(ドレネジ)を用います。

排水用硬質塩化ビニルライニング鋼管(WSP 042)

排水用硬質塩化ビニルライニング鋼管

軽量鋼管の黒管を使用し、外面は一次防錆塗装がしてあります。継手には、排水鋼管用可とう継手を用います。鋳鉄管と比べると重量が軽く、取り扱いが容易であります。

硬質塩化ビニル管(JIS K 6742)

硬質塩化ビニル管

使用圧力によって0.98MPaはVP、0.59MPaはVUに区分されます。一般にVPを使用し建物内では伸縮対策を施します。一般排水や埋設管に使用します。

排水用耐火二層管(FDPS-1)

排水用耐火二層管

硬質塩化ビニル管の内管に繊維モルタルの外管を被覆してあります。遮音性に優れています。一般排水に用いらますが、連続して60℃以上の熱湯が流れるところには使用を避けます。

 

 

改修計画手順

排水更新工事の計画着手から工事着手まで

排水更新の計画着手から工事着手までの流れをご紹介しています。

排水管更新TOPページ 施工事例集

ご相談・お問い合わせ03-5610-7755(土・日・祝日を除く)インターネットからのお問い合わせ

業務案内

設備保全マニュアル