HOME > 業務案内 > 劣化診断

業務案内

貯水槽工事 増圧直結給水 ポンプ更新・修理 給水管更新 排水管更新 太陽光発電 劣化診断 オゾン洗浄 LED事業
業務案内のトップページ

劣化診断

劣化診断について

劣化診断

快適なマンションライフをおくるために、給水設備はとても重要な役割を果たします。
マンションにおける給水管は人間の血管にあたります。
給水管・排水管も長年使用していくと管内部にコレステロール(錆・水垢・雑菌・油)が溜まり、経年と共に老朽化が進行してまいります。
その状態で放置しておきますと、さらに腐食が進行し、その結果『赤水の発生』、『流量不足』、『排水不良』等の障害が発生し、さらには『漏水事故の発生』まで様々な問題を引き起こし、日常生活にまで支障をきたすことにもなり兼ねません。
人体と同じく早期発見、早期治療は忘れてはならないことであり、給水管・排水管においても老朽化が著しく進行しない内に現状の把握をし、より良い改善対策を計画しておくことが大切です。

施工事例集はこちら

診断方法

1. 共用部・専有部の給水管・排水管の目視による外観調査
2. 共用部・専有部の給水管・排水管を切断し、サンプリング調査(抜管調査)
3. 共用部・専有部の給水管・排水管 管内の内視鏡調査大切です。


給水管用内視鏡
Olympus IPLEX MX R

排水管用内視鏡
REX GラインスコープⅡ
劣化診断TOPページ 施工事例集

ご相談・お問い合わせ03-5610-7755(土・日・祝日を除く)インターネットからのお問い合わせ

業務案内

設備保全マニュアル